セブ島留学で美味しいハンバーガーを食べる〜自由にカスタマイズできるバーガーショップを見つけました! | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
スタッフのつぶやき

2019.03.25

セブ島留学で美味しいハンバーガーを食べる〜自由にカスタマイズできるバーガーショップを見つけました!


こんにちは!ジュンペイです!


セブにいる留学生の皆さんはお昼ご飯に何を食べられていますか?

学食・ラーメン・肉料理・McDonald・他にもカフェなど人それぞれの楽しみがあるかもしれません。

僕はアメリカンフードがかなり好きなのでずっとMcDonaldに通っていたのですが、最近は手作りのバーガーも食べてみたいなと思っていたところ。

IT Parkを歩いているとたまたま美味しそうなバーガーショップを見つけたので、ここでシェアしたいと思います。



JPMorganビルの近くで見つけた看板


コンドミニアムプランの生徒さんの案内が終わった後、Avida Tower Rialaの近くをプラプラしていたら、あるバーガーショップを発見。

これまでも散歩して通りかかったことのあるエリアなのですが、このお店は今まで見たことがなかったので驚き。

興味をそそられたのでメニューを見てみると、平日限定ランチメニューなどもありました。(上の画像)



本当に好きなものが食べられる充実したメニュー



このお店の特徴は2つあります。

まずはバーガーの種類が多いこと、そして2つ目にカスタマイズが可能なこと。

上のメニューはチーズが多いバーガーのページなのですが、なんと7種類もあります。

チーズの種類もチェダーからモッツアレラまであり、好みに応じて選べるため本当に好きなものをセレクトすることができます。


さらに大事なのはカスタマイズ。具体的には肉や卵を追加できたり、他にもチーズ、ビーフパティの追加も利用可能。料金が高いんじゃないかと思う方もいるかも知れませんがそんなことはなく、自分が卵とベーコンを追加したところそれぞれ25PでOKでした。なかなか、McDonaldなどでは肉を1枚追加しようとすると別のメニューになってしまったり追加料金が高かったりと大変ですが、このお店なら気軽にトッピングする事ができ、タンパク質をメインに取りたい方でも満足できます。なので特に男性にはオススメです。




今回はランチメニューに(バーガー、ポテト、アイスティー、さらに卵とベーコンのトッピング)を注文したのですが、平日限定の割引もありトータル209Pで済んでしまいました。お腹いっぱい食べてタンパク質もしっかり取って、それでこの値段は超お得です。



さっそくバーガーの中を見てみた



バーガー通としては、お店によって全く異なるバーガーの中身こそが非常に興味深いですよね。僕もアメリカ、LAで本場のバーガーを何度も食べてきたので今回のお店でも抜かりなくチェックしました。

まず僕の前に現れたのは、ドッシリとしたバンズに挟まれた少し体積のあるバーガー。

僕がオーダーしたエッグも間に挟まれており、食べごたえがあるのが見ただけでわかりました。



さらに、横には存在感満点の厚切りフライドポテト。見ただけで一つのカットが大きいのがわかります。口に運んでみたところ、ファーストフードのポテトでは味わえない素材の味、しっかりとしたじゃがいもの味や繊維を味わうことができ、かつお腹持ちも良いように感じました。あとで店員さんに聞いたところ100gとのことだったのですが、かなりの満足感を味わえました。



さらにこのお店、よく見てみたところなんとフライドポテト食べ放題のプランもあるそうです・・・なんとその値段は99P。コレで儲かるのかと心配になりましたが一応ルール書きがあり

・テイクアウト禁止
・お残し禁止
・他人とのシェア禁止


との三点ルールが。

しかしながら、めちゃくちゃお腹が減っているときには利用する価値アリのオプションかもしれません。


フードファイターのチャレンジ募集?



最後に、店内で一番目を引かれたのはコレです。
実はこのZark’s Burgerにはモンスターメニューがあります。

それが、パティ3枚とベーコンが乗ったジョーブレイカー(顎ハズレ必至バーガー)

そして更に凶悪なのが、TOMBSTONE(墓石)。こちらはなんと、パティが8枚も乗っておりかなりクレイジーな外見。墓石のネーミングにはさすがに一瞬笑ってしまいそうになりました。


このお店曰く、この2つのバーガーどちらかを、決められた制限時間で食べると食事代が「タダ」になるそう。

左のジョーブレイカーは5分以内。右側のTOMBSTONEは10分以内。

今までの最短記録を見ると左側は1:40秒、右側はなんと2:10で食べきった強者がいるのだとか・・・

恐ろしき海外。

腕に自信のあるかたはチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


追伸 


先ほどのモンスターバーガーチャレンジ、ルールを良く見てみると食べなければいけないのはバーガーだけではないそう。

なんと、フライドポテト400gとドリンク16ozも同時にクリアしなければ認められない事が判明。

ドリンクのサイズは至って普通のミディアムサイズのカップ1杯なのに対し、ポテト400gは先程自分が食べた量の4倍の量。わかりやすく言うと1kgの約半分。そう考えると相当な量。
ましてやポテトは食べているとあとからどんどん胃が膨れてくる食べ物。前半は行けると思っても後半で水分を吸収して一気に胃を圧迫してくること間違いなし。

なので、そこも念頭に入れた上、まずバーガーから先に食べきってから、最後にポテトを丸呑みする勢いで行けばクリアも見えてくるかもしれません。


ジュンペイ

この記事を書いた人

ジュンペイ

北海道・札幌出身。寒すぎる冬と正反対の南国にずっと憧れを持ち、満を持してセブ島へ。雪国で育った夏男。 なんと誕生日が海の日。そのかいあってか、去年の夏は週5で海に通う。 座右の銘は、「迷ったら日焼け」

最近の記事

検索