フィリピン入国情報とセブ島コロナの現状 | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
お知らせ

2022.07.25

フィリピン入国情報とセブ島コロナの現状


※2022年8月15日時点の情報です。

フィリピン入国の要件についてはこのページでご紹介した内容から更新されている場合がありますので、最新情報は在フィリピン日本国大使館または在日本フィリピン大使館発表の公式発表をご確認ください。



1. フィリピンへの入国条件

現在ワクチンを2回以上接種した方は、語学留学を目的としたフィリピン入国が可能です。
※子供は表記載の通り異なります

フィリピン入国には、下記の条件・書類等が必要です。(日本国籍者が日本からフィリピンに入国する場合です)



ワクチン接種回数 3回 2回 非接種
年齢 全年齢 17歳未満※ 18歳以上 12歳未満
(3回接種済みの保護者が同行)
12歳未満
(2回接種済みの保護者が同行)
12歳以上
入国可否 できる できない
入国後の隔離 なし
出国前検査 不要 不要 必要 不要 必要
パスポート フィリピン到着時に6ヶ月以上の有効期限が必要
出国の航空券 フィリピン到着から30日以内に出国する航空券が必要
ワンヘルスパス フィリピン入国前72時間以内に登録が必要

※フィリピン政府は、12歳から17歳のワクチン2回接種者は渡航前検査が不要と発表していますが、検査結果を提示しないとして入国が認められなかったという事例が報告されています。現在、在フィリピン日本大使館では検査結果を取得して渡航するよう呼びかけています。該当の方は、在日フィリピン大使館に確認されることをおすすめします。


■出国前の検査
出発国からの出発日時48時間以内に実施したRT-PCR検査の陰性証明書、または認可を受けた医療機関、検査所、医院、薬局もしくは同様の施設で24時間以内に医療専門家によって実施された抗原検査の陰性証明書が必要です。


■ワンヘルスパスの登録
フィリピン到着の72時間以内に、ワンヘルスパス(One Health Pass)に登録する必要があります。

登録はウェブサイトから行います。名前、パスポート情報などの情報と、ワクチン接種状況、体調などをフォームに従って記入します。登録後は、登録したメールアドレスにバーコードが送られてきます。

ワンヘルスパスのHP


詳細については、在フィリピン日本国大使館または在日本フィリピン大使館発表のHPにて掲載されています。

在フィリピン日本国大使館
在日本フィリピン共和国大使館

2. 日本への帰国条件

現在フィリピンから日本への帰国時に課されている条件は主に1つです。

・外国(フィリピン)を出発する72時間以内にPCR検査を受けて、かつその結果が陰性であること

その他にも日本帰国時に誓約書の提出や、MySOSという体調管理のためのアプリまたはサイトへの登録も必要ですが、これは日本の空港に到着してからでも可能です。


■セブ島で日本帰国のためのPCR検査を受ける方法
セブ市内にPCR検査を受けられる場所は多数ありますが、QQEnglishではセブドクターズホスピタル(QQEnglishよりタクシーで15分程度(P100前後))という大学病院ご紹介しています。

この病院では、厚生労働省推奨の日本語の書式を用意してくれ、クレジットカードでの支払いも可能です。料金は10~12時間で検査結果がでる検査はP4,840、36~42時間で検査結果がでる検査はP3,360です。


3. フィリピンへのフライト

フィリピン航空が日本とセブ間の直行便を運航しています。
2022年8月は、成田からセブへの直行便は週3便、関空からセブへの直行便は2便が予定されています。
2022年9月は、成田からセブへの直行便は週2便と21日(水)が予定されています。関空からセブへの直行便はありません。

■2022年8月 日本とセブ間のフライトスケジュール
PR433便 成田発 14:40 → セブ着 19:00 水・土・日曜日
PR409便 関空発 15:25 → セブ着 19:10 8月11日,15日のみ

PR434便 セブ発 07:45 → 成田着 13:40 水・土・日曜日
PR409便 セブ発 08:55 → 関空着 14:25 8月11日,15日のみ

■2022年9月 日本とセブ間のフライトスケジュール
PR433便 成田発 14:40 → セブ着 19:00 土・日曜日および21日

PR434便 セブ発 07:45 → 成田着 13:40 土・日曜日および21日

10月以降のスケジュールはまだ公式発表がありませんが、フィリピン航空の公式サイトでフライトを調べながら予約することは可能です。または旅行代理店等にお問合せください。

フィリピン航空HP

マニラや仁川等での経由については、各航空会社のHPでご確認いただくか、または旅行代理店等にご相談ください。


4. セブ島街中の現状

フィリピン全体、特に校舎のあるセブ市では現在感染者は少なく、コロナ対策の規制はほとんどが解除されています。一般の人(留学生含む)に課されている規制は、外出時のマスク着用のみです。


公共交通機関、レストラン、マッサージショップはじめ、海のアクティビティまで全て再開しています。


また、コロナ患者を受け入れる病院も現在は十分な空きがあります。


5. セブ島ワクチン接種の現状

ワクチンは希望者の接種は終わっており、校舎のあるセブ市では約68%の方が2回のワクチン接種を完了しています。(2022年3月末時点)

フィリピンは子供の割合が多いため総人口に占めるワクチン接種者は低くなりますが、飲食店はじめほぼ全てのサービス業に従事する従業員はワクチン接種が義務付けられてるため、働いている方のほとんどはワクチン接種が完了しています。

セブ市を含むビサヤ地域の感染状況は、下記のフィリピン保健省のサイト(英語)にてご確認いただけます。
https://ro7.doh.gov.ph/covid-19


6. QQEnglishが行っている新型コロナウイルス感染対策

QQ Englishでは留学される生徒様の安全対策に万全を期しております。
下記の対策を実施致します。

主な対策

  • 留学のレッスンを担当する教師は全員ワクチンを2回以上接種済み
  • 校舎のあるビルへ入る際に体温測定と消毒を実施
  • 校舎へ入る際に体調チェックフォームの提出、及び学校側でのフォーム内容管理
  • すべてのレッスンブースにパーテーションを設置
  • 教師はマスクを常時携帯し、移動時には着用
  • 万が一の際には日本語で病院とのやり取りができるジャパニーズヘルプデスクによるサポートあり。

※レッスン時のマスク着用はレッスン進行に影響があると判断した場合、生徒様へ確認の上一時的に外す場合がございます。

QQEnglsihのコロナ対策

全てのブースにパーテーションを設置しております

留学中に新型コロナウイルスに感染した場合の対応

留学中に新型コロナウイルスに感染、または新型コロナウイルスへの感染が疑われる場合、医療機関にて検査を受診していただきます。

受診後感染が確認された場合には以下の対応をお願い致します。

  1. 医療機関への入院
  2. PCR検査実施
  3. 陰性を確認できた場合は留学再開

なお、QQ Englishでは医療機関のご紹介・タクシーの手配等をさせていただきますが、発生します費用は生徒様ご自身にご負担いただきます。ご加入予定の海外旅行保険をご確認ください。


7. コロナウイルスにより再度留学が難しくなった場合の対応

原則としてキャンセル時には、留学規約に記載しているキャンセルポリシーに則って対応をさせていただきます。

新型コロナウイルスの影響により、以下の状況が発生した場合には特別規約を適用いたします。

1.新型コロナウイルスの感染拡大によりフィリピンへの入国ができなくなった場合
→通常のキャンセル規定とは関係なく留学料金の全額をご返金致します(振込手数料は除く)

1-1.フィリピンへの渡航で予定していた航空便がキャンセルとなった場合
→予定されていたフライトが複数の旅程を含む場合、フィリピンへ移動する便が感染拡大の影響でキャンセルとなった場合、通常のキャンセル規定とは関係なく留学料金の全額をご返金致します(振込手数料は除く)

(例)
・東京(成田)→セブ便がキャンセルとなった場合:対象
・東京(成田)→マニラ→セブのうち、東京(成田)→マニラ がキャンセルとなった場合:対象
・東京(成田)→香港→セブのうち、東京(成田)→香港 がキャンセルとなった場合:対象外(通常のキャンセルポリシーに従います)

日本からの直行便の場合 日本以外を経由する場合
旅程(例) 成田→セブ 成田→マニラ→セブ 成田→香港→セブ
キャンセルとなった区間 成田→セブ 成田→マニラ 成田→香港 香港→セブ
全額返金(振込手数料は除く) 対象 対象 対象外 対象

※いずれも、新型コロナウイルス感染拡大の影響によりキャンセルとなった場合のみ適用されます。(感染拡大の影響によらない航空会社の理由によるキャンセル等は含みません)


1-2.政府の決定で、入国そのものができなくなった場合
→通常のキャンセル規定とは関係なく留学料金の全額をご返金致します(振込手数料は除く)


2.新型コロナウイルス感染拡大によりレッスンを提供できない状況となった場合
2-1.その時点にて帰国される場合:残週分の「授業料・宿泊費」を全額返金致します。
2-2.宿泊寮への滞在を継続される場合:「授業料」のみ全額返金。


ご不明点は、お気軽にお問い合わせください。