セブ島留学中こそ取り組むべき?疲れない・風邪をひかない体をつくる生活習慣 | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

スタッフのつぶやき

2018.10.18

セブ島留学中こそ取り組むべき?疲れない・風邪をひかない体をつくる生活習慣


こんにちは!ジュンペイです!

先日、「留学中に知っておいてほしいタンパク質の効能」という記事を書きました。今日も引き続き、食べ物や運動によって疲れにくい体にする方法についてお伝えしていこうと思います。


1.プロテイン2杯を毎日飲む


僕が実践してきた中で一つ、間違いなくオススメなのはプロテインのサプリを飲むこと。前回の記事でもお伝えしたように、プロテイン=アミノ酸には体の細胞を修復する働きがあり、疲労回復にも直結します。ちなみに、糖質が0か、ほとんど入っていないものはより効果が高いです。

また、日頃の栄養摂取を糖質メインからプロテインに切り替えることで、血糖値の上下も穏やかになり、疲れにくくなります。正直プロテインというとアスリート!というイメージがあるかと思いますが、少しアスリートのような食生活を真似してみることで、実際にスタミナもつくようになるのでオススメです。

自分も、可能な限りアスリートに近い食事を心がけています。設定しているルールは、ざっとこんな感じです。


・糖質の摂取量はタンパク質よりも少なくする(ご飯よりも肉や豆腐等を多くとる)

・甘いものはとらない(フルーツのみOK)

・そのかわり水をたくさん飲む

・起きてすぐと寝る前にプロテイン(30g)を水に溶かして1杯ずつ飲む

・可能な限り脂っこい料理を避ける(良くない油・脂質をとりすぎると頭の働きが鈍くなる)

・体の代謝が良くなるもの(こしょう、にんにく、生姜、唐辛子)を積極的にとる

・野菜が入ったスープを必ず1日1杯以上飲む(味噌汁、野菜スープなど)

・ビタミンが豊富な、オレンジやカラマンシーなどのジュースをできれば1日1回飲む


自分が意識しているのは、体内の燃焼を良くして筋肉の量を減らさずに、体を大きくすること。そのために、なるべくタンパク質だけを多くとって、反対に脂質と糖質は極力カットするようにしています。

あと、ビタミンとミネラルが不足すると風邪をひいたり体調を崩しやすくなるので、オレンジなどの柑橘系フルーツをできれば毎日とると、かなり風邪をひきにくくなるはずです!セブに来たばかりの留学生は、1,2週間のうちに風邪を引いて体調を崩してしまうケースが良く見受けられますが、僕はフィリピンに来て食生活を適応させてからは全く風邪を引かなくなりました。個人的には、そのポイントは日頃からスタミナがつく食事をしているのと、香辛料を多めにしていて体温を下げないようにしていること、そして一番はオレンジジュースやカラマンシーをよく食べることだと思っています。

コンビニなどでも、ミニッツメイドの小さなオレンジジュースが売っていると思うので、それを買って毎日飲むのが手軽で一番おすすめですよ。


2.有酸素運動を週に2回以上する


一つ前の見出しで、「体温を下げないように心がけている」と書いたように、風邪対策には体温を高く保つのがポイント。特に屋内のクーラーなど、フィリピンではキンキンに効いているので気をつけたほうが良いポイント。

そういえば、運動も健康維持にはベストの選択です。言わずもがな、勉強中心の生活だとどうしても体は持てあましてしまうもの。とはいっても、毎日勉強後に何時間も運動しないと行けない、なんてことはありません。1日30分とか、本当に時間がないときは10分だけストレッチする、とかでもOKです。理想としては、30分以上のランニングを週に2回以上できれば体力も維持できて素晴らしいです。時間がないとき、乗り気でないときはプールで20分くらいちょっと遊んでみる、とかでも良いと思います。



留学中の運動は誰かに強制されてやるものではなので、自分のペースで長続きできるように、無理なく楽しみながら続けられたら良いと思います。特に、QQEnglish ITPark校の生徒さんはWaterfrontホテルの施設が使えるのでオススメです。ジムは24時間、プールは夜8:45まで使えますので、授業後の息抜きなどにぜひ。


3.外出する



最後に、個人的オススメが散歩です。もちろん安全には注意していただきたいというのが前提にあるのですが、安全圏内であれば気分転換にもなるので非常にいいと思います。軽い運動にもなりますし、普段歩かない人であればあるほど歩くのはオススメです。

僕はQQEnglishに入る前、半年間セブに滞在していてその時は自営だったので時間もあり自由でした。セブシティの街中であれば大体の場所を歩いた経験があり、そのおかげで体力もついてよかったと思っています。何より、街に関して詳しくなれるのが良いですね。あそこに行けばあれが手に入るとか、馴染みのない土地であるからこそ自分のホームにしていく努力は必要でしたし、メリットがすごく大きかったと思っています。

休みの日など、天気のいい日にちょっと冒険するのも悪くないかもしれません。


ジュンペイ


この記事を書いた人

ジュンペイ

北海道・札幌出身。寒すぎる冬と正反対の南国にずっと憧れを持ち、満を持してセブ島へ。雪国で育った夏男。 なんと誕生日が海の日。そのかいあってか、去年の夏は週5で海に通う。 座右の銘は、「迷ったら日焼け」

最近の記事

検索