フィリピンでの海外ATMで、クレジットカードを使いお金を引き出す手順とやり方 | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

スタッフのつぶやき

2018.10.01

フィリピンでの海外ATMで、クレジットカードを使いお金を引き出す手順とやり方



こんにちは!

ジュンペイです!


留学初日の生徒さんが必ずチェックされるのが、海外ATMの使い方。


「海外ではクレジットカードを使って現地通貨を引き出すことができるって聞いたけど本当?」

「到着したあと、いつ日本円から両替できるんだろう?」


と、不安な方も多いと思います。


今日は、改めて海外ATMを使って現地通貨を引き出す方法について確認していきましょう!


引き出しのポイント

「海外のATMは英語で使わなければいけないし、操作方法も画面の表示も何を言っているか全然わからない!」
そんな方ももしかしたら多いかもしれません。


でも、大丈夫です。僕は一年近く海外で生活しておりATMでの引き出しにも慣れてきました。実はポイントさえ覚えてしまえばお金の引き出しは何ら難しくありません。そこで、初心者の方が見てすぐわかるような動画や解説ページがあったのでまとめてみました。




1分で引き出し方法を確認する


さっそく動画で見ていきましょう



ATM画面の操作を丁寧に解説したウェブサイトはこちら

https://card.manepa.jp/guide/oversea.html



クレジットカードの引き出し・大まかな流れ


海外ATM対応のクレジットカードやデビットカードをお持ちの方は多いと思います。海外対応と言っても、Visaカードやマスターカード、それにJCBのロゴがあればほとんどの国のATMでお金を下ろすことが可能です。(フィリピンではAMEXロゴ対応の場所はあまり見かけません)

実際のやり方も難しいことはなく、ATMの挿入口にクレジットかデビットのカードをいれるだけ。肝心なのはそこからです。



1.メニュー:Withdraw Cash

2.預金の種別:Savings, なければCredit

3.引き出し上限は10000ペソまで、というATMが多い

その際、手数料がATMにもよりますがだいたい250ペソかかるので注意が必要です。
また、一日の引き出し上限額が決まっている場合も多いので、注意しておきましょう。

ちなみにQQEnglishでは初日にビザ代や電気内などを窓口でお支払い頂くのですが、その際にクレジットカードも使えるのでご安心ください。



QQEnglishから一番近いATMはどこ?



意外と生徒さんに気づかれていないかもしれないのですが、実は学校のビルを出て1分のところにATMがあります。同じブロックの区画内に、RCBC中華銀行という銀行がありその入口前に青色のATMが。
ちょうど、Skyrise 4の隣のCivet Coffeeの近くに喫煙所があり、その角を曲がったらすぐに見えるところです。パンデマニラが隣りにあるので非常に見つけやすいと思います。(Skyrise4と同じブロック内で、北側にATMがあります)

今日自分が行ったときに確認すると、対応しているカードではVisa、JCB、マスターカードがありました。(Amexは非対応)


実は「今日が留学初日で、今からお金を初めて引き出します!」という生徒さんがいて上記のATMを案内しました。クレジットカードを使って26000Pを引き出そうとしたところ、まずVisaカードを使ったところなぜか引き出しできないとの表示が。(Couldn’t proceed your processとの表示)


やり方を変えても結局ダメだったので、その生徒さんが持っている他のカードで再挑戦することに。次はJCBのカードで試したところ、見事10000Pの引き出しに成功しました!嬉しくなった僕は、思わず生徒さんとハイタッチ!(笑)

自分も、海外に一人で降り立ってお金を下ろすとなったときに、実際にデビットカードを入れてATMからお金が出てきたときには感激して涙が出そうになったほどです。とりあえず、そのときは歓喜のあまりお金が出た瞬間の写真を取りまくりました。あまりにも写真撮影に夢中になってしまい、危うくお引き出したお金が中に吸い込まれそうになったことも


みなさん、海外ではどんなときも、気を抜かずに!!(笑)


ジュンペイ




この記事を書いた人

ジュンペイ

北海道・札幌出身。寒すぎる冬と正反対の南国にずっと憧れを持ち、満を持してセブ島へ。雪国で育った夏男。 なんと誕生日が海の日。そのかいあってか、去年の夏は週5で海に通う。 座右の銘は、「迷ったら日焼け」

最近の記事

検索