comeとgoの違い!正しい使い方を解説 | セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
留学までの勉強法

2017.06.12

comeとgoの違い!正しい使い方を解説

トミーです。

今回は日本人がよく間違えて使っているcomeとgoの使い方について解説します。

come=来る
go=行く

と覚えている方が多いと思いますが、場面によってはcomeを「行く」という意味で使用する事もあります。

例えば、すでに集合場所にいる友人に対して、「ごめん、今そっちに向かってる!」と言いたい場合、

“I’m sorry. I’m coming.”

と言います。

向かっている(行っている)なのでI’m goingでも良いはずですが、この場面ではcomeを使うのです。

日本語の「行く」とは感覚が違うので少し混乱しやすいですが、ルールを知っていれば、使い分けはとても簡単です。

Come =「相手のいる場所に行く」

話し相手のいる場所に行く時は“Come”を使います。

つまり、話し相手との距離が近づく場合、Comeを使います。

例文:

A: Where are you now? I’m already here.  今どこにいるの?私はもう着いたよ。

B: I’m coming. 今向かっています!!

また、話し相手の向かう先へ一緒に同行する場合も“Come”を使って表現することが多いです。

例文:

A: We are going to a new restaurant on Mabolo st. マボロストリートの新しいレストランに行きます。

B: Can I come with you? 私も一緒に行ってもいいですか?

Go=「どこかへ行く」

相手のいる場所ではなく、どこか違う場所へ行くことを伝える時は“Go”を使います。

つまり、話し相手から距離が離れる場合はgoを使います。

例えば、複数の友達と集まって食事をしていて、自分だけ先に帰る時に「そろそろ行くね」と伝える場合は、話し相手から離れた場所に行くので「I’m going now.」といいます。

例文:

A: Hey guys, I’m going now.(じゃあそろそろ行くね)

B: See you next time.(また今度!)

行く・来る以外の意味

comeとgoには「行く・来る」の以外にも「~の状態になる」という表現で使用する事もあります。

come

comeはポジティブな意味の場合で、『正常な状態や望ましい状態に向かう』イメージです。

come true:夢が叶う

例: Her dream will come true. 彼女の夢は適うだろう。

come alive:活発になる

例: The shop comes alive with young people. この店は若者たちで賑わっている

go

逆にgoはネガティブな意味を表す事が多く、『正常な状態から離れていく』というイメージです。

go bad:悪くなる(腐る)

例: The food is beginning to go bad. その料理は腐りかけてるよ。

go mad:発狂する

例: Unless you turn the radio off, I will go mad. ラジオを消してくれないと気が狂いそうだ。

go bankrupt:倒産する

例: The company will soon go bankrupt. その会社はもうすぐ倒産するだろう。

まとめ

日本語に囚われてしまうと、comeとgoの使い分けが難しくなるので、自然に使いこなすには、

話し相手との距離が近づく場合⇒come
話し相手から距離が離れる場合⇒go

で覚えておけば、会話の中で瞬時に使い分ける事ができるでしょう!

感覚を理解して使えるようになれば、英語学習はもっと楽しくなります!

この記事を書いた人

トミー

実は、学生時代の英語の成績はクラスで最下位。しかし、フィリピン留学を経験し、自分に合った勉強方法を見つけ、飛躍的に英語力を伸ばす。QQEnglishの代表に英語教育への強いパッションを買われ、2013年に入社。現在、それぞれの生徒に合った学習方法をアドバイスする学習アドバイザーとして従事する。

最近の記事

検索