14マスターワード学習法 | セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
留学までの勉強法

2017.01.27

14マスターワード学習法

トミーです。

できるだけ簡単に英単語を覚えたいですか?

たった14個の特殊な単語を覚えるだけで14,000もの単語を推測でき、容易に英単語を覚えられる方法があるそうです。

この方法は、以前お伝えした「34個の語源を覚えるだけで14,000単語を推測できるようになる学習方法」をさらに凝縮した「14マスターワード」と呼ばれている学習方法です。

しかし、「14マスターワード」は、オリジナルであるミネソタ大学の James I. Brown 教授が研究した方法論が日本で不適切に広まってしまい、ただの机上の空論メッソッドと化してしまっています。

本当に14マスターワードで14,000単語を推測できるの?

答えは「No」です。

この方法を使い「14,000単語を推測できました!」なんて人に会ったことがありませません。

あまり現実的な方法ではありません。

実は、14マスターワードを開発したJames I. Brown 教授はノンネイティブを考慮して作ったわけではないからです。

だからといって全く使えないわけではありません。私にも推測できる単語はいくつもあります。

英語初心者が14マスターワードを記憶して推測できる単語はおおよそ9,000単語と言われています。

この9,000単語とは14,000単語のラテン語由来の単語を指します。

ラテン語由来の単語って?

英語は大きく分けて

「ラテン語・ギリシア語起源の語彙」
「その他の語彙」

に分けることができます。

このラテン語・ギリシア語が起源の語彙は14マスターワードで推測できます。

そして、14,000のうち9,000ほどがこのラテン語・ギリシア語由来です。

14マスターワードを覚えることで、現実的にこの9,000単語を推測できるということです。

で、この9,000単語の中からさらに2,000単語に絞った、主要英単語2000をリストアップしました。

日常会話の中でも主要な英単語を源泉して選びました。ですので、リストアップにかなりの時間を費やしてしまいました。

ここでアップしたいのですが、80ページ近くのPDFファイルになってしまったので、欲しい方は下記のメールアドレスに「主要英単語2000欲しい」と送ってくださった方だけに限定でお送りしようと思います。

主要英単語2000をゲット:eigo@qqeng.com

*主要英単語2000リスト以外の広告メールなど一切お送り致しませんのでご安心ください。

14マスターワード

現実的に9,000単語を推測できる14マスターワードは以下です。

14マスターワードに含まれる14の語根、20の接頭辞を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

1.detain – 拘束する

de- (下に、離れて)
tain (待つ、保つ)

2.insist – 主張する

in- (上に)
sist (立つ、耐える)

3.offer – 申し出る

ob- (〜の方へ)
fer (運ぶ)

4.precept – 教訓

pre- (前に)
cept (取る、掴む)

5.epilogue – 結末 

epi (上に)
log (語、学問)

6.monograph – 研究論文

mono- (1つの)
graph (書く)

7.intermittent – 断続的に

inter- (間に)
miott (送る、投げる)

8.aspect – 側面

as- (〜に向かって)
spect (見る)

9.nonextended – 延長されていない

non- (〜ではない)
ex- (外に)
tend (伸ばす)

10.uncomplicated – 単純な

un- (〜ではない)
com- (共に)
ply (折る)

11.oversufficient – 過剰の

over- (超えて)
sub- (下に)
fic (作る、する)

12.indisposed – 気の向かない

in- (〜ではない)
dis- (逆の不〜)
pos (置く)

13.reproduction – 複製品、模造品

re- (再び)
pro- (前に)
duct (導く、形成する)

14.mistranscribe – 誤って書き写す

mis- (誤った)
trans- (向こう側へ)
scribe (書く)

ダウンロード版はこちら

まとめ

14マスターワードを覚えることで、14,000単語を推測することはできませんが、9,000単語なら推測は可能です。

但し、あくまでも『語源を覚える』よりも、『語源で覚える』という事を意識して下さい。

次回から英単語の記憶法について書いてきます。

この記事を書いた人

トミー

実は、学生時代の英語の成績はクラスで最下位。しかし、フィリピン留学を経験し、自分に合った勉強方法を見つけ、飛躍的に英語力を伸ばす。QQEnglishの代表に英語教育への強いパッションを買われ、2013年に入社。現在、それぞれの生徒に合った学習方法をアドバイスする学習アドバイザーとして従事する。

最近の記事

検索