14マスターワード学習法 | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

留学までの勉強法

2017.01.27

14マスターワード学習法


トミーです。


できるだけ簡単に英単語を覚えたいですか?


たった14個の特殊な単語を覚えるだけで14,000もの単語を推測でき、容易に英単語を覚えられる方法があるそうです。


この方法は、以前お伝えした「34個の語源を覚えるだけで14,000単語を推測できるようになる学習方法」をさらに凝縮した「14マスターワード」と呼ばれている学習方法です。


しかし、「14マスターワード」は、オリジナルであるミネソタ大学の James I. Brown 教授が研究した方法論が日本で不適切に広まってしまい、ただの机上の空論メッソッドと化してしまっています。


本当に14マスターワードで14,000単語を推測できるの?

答えは「No」です。

この方法を使い「14,000単語を推測できました!」なんて人に会ったことがありませません。


あまり現実的な方法ではありません。


実は、14マスターワードを開発したJames I. Brown 教授はノンネイティブを考慮して作ったわけではないからです。


だからといって全く使えないわけではありません。私にも推測できる単語はいくつもあります。


英語初心者が14マスターワードを記憶して推測できる単語はおおよそ9,000単語と言われています。


この9,000単語とは14,000単語のラテン語由来の単語を指します。


ラテン語由来の単語って?


英語は大きく分けて


「ラテン語・ギリシア語起源の語彙」

「その他の語彙」

に分けることができます。


このラテン語・ギリシア語が起源の語彙は14マスターワードで推測できます。


そして、14,000のうち9,000ほどがこのラテン語・ギリシア語由来です。


14マスターワードを覚えることで、現実的にこの9,000単語を推測できるということです。


で、この9,000単語の中からさらに2,000単語に絞った、主要英単語2000をリストアップしました。


日常会話の中でも主要な英単語を源泉して選びました。ですので、リストアップにかなりの時間を費やしてしまいました。


ここでアップしたいのですが、80ページ近くのPDFファイルになってしまったので、欲しい方は下記のメールアドレスに「主要英単語2000欲しい」と送ってくださった方だけに限定でお送りしようと思います。


主要英単語2000をゲット:eigo@qqeng.com


*主要英単語2000リスト以外の広告メールなど一切お送り致しませんのでご安心ください。


14マスターワード


現実的に9,000単語を推測できる14マスターワードは以下です。

14マスターワードに含まれる14の語根、20の接頭辞を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。


clr_br('

1.detain – 拘束する
')

de- (下に、離れて)

tain (待つ、保つ)



clr_br('
2.insist – 主張する
')

in- (上に)

sist (立つ、耐える)



clr_br('
3.offer – 申し出る
')

ob- (〜の方へ)

fer (運ぶ)



clr_br('
4.precept – 教訓
')

pre- (前に)

cept (取る、掴む)



clr_br('
5.epilogue – 結末 
')

epi (上に)

log (語、学問)



clr_br('
6.monograph – 研究論文
')

mono- (1つの)

graph (書く)



clr_br('
7.intermittent – 断続的に
')

inter- (間に)

miott (送る、投げる)



clr_br('
8.aspect – 側面
')

as- (〜に向かって)

spect (見る)



clr_br('
9.nonextended – 延長されていない
')

non- (〜ではない)

ex- (外に)

tend (伸ばす)



clr_br('
10.uncomplicated – 単純な
')

un- (〜ではない)

com- (共に)

ply (折る)



clr_br('
11.oversufficient – 過剰の
')

over- (超えて)

sub- (下に)

fic (作る、する)



clr_br('
12.indisposed – 気の向かない
')

in- (〜ではない)

dis- (逆の不〜)

pos (置く)



clr_br('
13.reproduction – 複製品、模造品
')

re- (再び)

pro- (前に)

duct (導く、形成する)



clr_br('
14.mistranscribe – 誤って書き写す
')

mis- (誤った)

trans- (向こう側へ)

scribe (書く)


ダウンロード版はこちら


まとめ


14マスターワードを覚えることで、14,000単語を推測することはできませんが、9,000単語なら推測は可能です。

但し、あくまでも『語源を覚える』よりも、『語源で覚える』という事を意識して下さい。

次回から英単語の記憶法について書いてきます。